ニューヨーク旅行記3

ボストンで二泊しましたが
1日目はバークリー音大で伴奏する用事かありました
電車で向かう予定でしたが
ちょうどバスが来たのでバス乗ってみました
日本と違って椅子が硬くてツルツルなんですね
滑って滑って大変でした
チャールズリバーを歩いて渡りましたが
昨日からの殺伐とした風景から
一気に気持ちよくなりました
皆が重宝して利用する黄金パンという店があると人づてに聞いていましたが
どんなパン屋なんだろうと検索してもみつからない、
したら聞き間違えでした au bon painでした
早朝すぎてまだ店がやってなく
しばらくワシントン公園で過ごしました
近くのスタインウェイの店でピアノを弾き比べましたが
新し目の何台かの中で一番気に入ったのが
自動伴奏ピアノだったというのがなんかショック笑
そして
いつも行列らしいパリスカフェに運良くオープン前にちょっと並んだだけで入れました
サンドイッチうまうま
オニオンリングがでかすぎて食べきれませんでした
バークリー大学は私も大学生の頃行きたいと思っていましたが
その頃見たパンフレット写真では
大理石の神殿みたいに大きく感じていましたが
割りとこじんまりしてました
街のあちこちに別館新館を建設中で
とても立派なレコーディングスタジオも見せてもらいました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そしてもう一泊して
初めてアムトラックに乗りニューヨークに向かいました
ステラビール美味しい
ニューヨクで泊まったホテルは
小さいホテルで機能的でとても快適で良かったけど、
高い  4、5日分で日本だと1、2ヶ月暮らせるのでは?
次回来るときは安宿か知り合いのところかな
しかしホント便利ではじめての時はいいと思いました
夜は早速ライブ聴きに
ばーどらんどに向かいました
歩けそうなので地下鉄のらず
歩いて行きました
企画ものJohn Patitucciイタリアントリオ
ピアノはJoey Calderazzo
昨年日本のコットンクラブでも聞きましたが
今回の方が全然生き生きしていました
至近距離でのはじけた演奏最高でした
即席トリオだったからか結構まちがいも目立ったけど
そんなのどうでも良いですね、めっちゃ楽しかった
日本と違ってお客さんが
携帯で動画とりまくってるのはびっくり
楽屋も近いし一緒に写真撮れたら嬉しいと思ってたら
Calderazzo、サックスのルータバキンと話してる
私、ルータバキンとは20年くらい前になるけど
日本で何度か共演してました
もう顔覚えてないんじゃないかとも思いつつ
話しかけにいこうなかと思いましたが
そういえば、と思い出しました
ルータバキンの伴奏してるとき
ちょっと彼のフレーズをなぞったら
激オコされたのでした
サイドマンにはサイドマンの役目がある!
余計なことするな!と
今おもうと
ソリストのフレーズを引き立てるならいいけど、
きっと えへへ、こうでしょ、わかりますよ
みたいな、エゴ丸出しで弾いてたんでしょう
あーヤダヤダ恥ずかしい〜若気のいたり
それは怒られますね
なんて思い出してたら
John Patitucciが帰り支度して近くに
学生時代アイドルの様に好きでしたから
ミーハな気持ちで写真とって貰いました
そうこうしているうちにCalderazzo楽屋に帰って行きそうだったので
あわてて写真撮ってもらいました
写真撮ってる間ずっと指で
肩とんとんしててくれて
パワー注入してくれてるようで
嬉しく有頂天笑
そうそう
向こうのジャズミュージシャンは大御所でも気軽に
安価でレッスンしてくれるよと聞いていたので
機会あったらダメ元で頼んでみようと思ってました
ビルチャーラップとかはアレンジ技とか学術的に教えてくれそうだけど
今更Calderazzoに何教わるか
何質問するかさっぱり思いつかないけど
一緒に過ごせるだけでもいいよね
と思い
でも!!!
タイミングをのがし、聞けずじまいの小心者 笑
写真だけで十分と帰路につきました
で外にいると
Calderazzo出て来た!
勇気を振り絞りきいてみました
2、3日の滞在中レッスンしてもらえる日ありませんか?
そしたら
オッケーだと
え!?
いいの?
するのは全然オッケーだと
でも明日からノースカロライナなんだと
FACETIMEレッスンならいつかしてあげられるよ
あらー
言ってみるもんだ!!!!と
ピアノ始めた頃のような
嬉しい気持ち思い出し
大興奮のまま歩いて帰りました
ちょっと距離ありましたが
浮かれポンチのまま あっという間に到着
まだ地下鉄は未体験のまま1日目終了です
続く
Posted in 日々の出来事、随想.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA