ニューヨーク旅行記4

三日目は
特に聴きにいきたいライブが見当たらなく
観光名所散策しました
ハイライン
それと
EATALY というとこがとても便利で
気に入ってしまい滞在中なんども利用しました
東京駅内にもあるみたいですね
そして4日目
夜は行ってみたかったライブハウススモールズへ
出演者はジョナサンブレークぐらいしか知らなく
トランペットがマイクロドリゲス
ま特別期待することもなく行く予定にしました
で 昼はちょっと、観光してみようと
ネットで調べブルックリンのおしゃれ街!笑と言われてる
ベットフォードアベニューに行ってみようと、、
初、地下鉄を使っての移動です
トイレ(大)を我慢したまま
ま、近いみたいだしと向かいました
降りた駅 なんか間違えたようで
雰囲気の悪さに危険をかんじ
地下鉄に戻り乗り直しました
乗り換えの時も人にきいて確認して
付いたところはチャーチアベニュー
降りたところはフルトン
爆音で音楽が流れていて露店が出ていて
で、、歩いていたら。あれ?また怖い雰囲気の町並みに
歩くほどに怖い 歩くがどこまでもこわい
グーグルマップで目的地に着いたのですが
それらしき所は全くなく
これからどこに行っていいのやら
さらに怖い雰囲気に
歩いている怖くなさそうなお姉さんに聞くと
きっと行こうとしてるのは全然違うところだろうと
で左に絶対行かず右に行ったほうがよいと
言われるまま歩きましたが
それでも行ってもこわいところ2時間は歩き回りました
タクシーに乗るのも怖くて乗らないでいると
やっと駅を発見 名前も覚えていない
その駅から 最初にのった駅に戻ることができました
あとで聞いたら絶対行ってはいけない地域
二時間くらい歩き回っていたようです
そういえばトイレ行きたかったのでした
いったん外に出て衣類のデパート的な所でトイレへ
防犯上か、隙間があって中が見えるんですね
巨人が入っていてなかなかでてこない
アレルギー起こしそうな強烈な匂い
前に二人待ってる、
一人あきらめる、なかなかあかなく、
これじゃ この後 入れたとしてもくさすぎるとおもい
上とその上とその上の階 探したけどどこも開いてない
最初のトイレに戻ったら まだ巨人と一人待ちのままで
あきらめました
スーパーのホールフーズでトイレを探しましたがどうも見つからず
店員に聴いてやっと到着
これまた中が見えるのですが
前のひとが服を脱ぐのとトイレセットするの動作が鈍すぎ
紙をたくさんぐるぐる使ってるがいつまでもでてこない
隙間から何度も目が合う
もう怖いしあきらめました
おなか壊していなかったからよかったけど、
壊していたら悲惨でしたね
もうこのまま 帰るか
Lラインでベッドフォードいくか迷いましたが
せっかくだからと行ってみたらあっという間に到着
何を間違えてたんだろう?
で特別 綺麗な街でないようですが
そこで3人くらい待ってやっとトイレいけました
ネットで見つけたカフェに行きましたが
お兄さんが一人で切り盛りしていて大繁盛でした
ここ見つける前に携帯の充電無くなり
探しまくったからだいぶ歩き回りました
充電させてもらいながら店のWi-Fiつかい
紙にメモ 電車乗って降りる駅が確かでなくり
通り越して戻りと、、
 やっと
スモールズに到着しましたが長蛇の列
19時からの回は満席で入れないとのこと
21時からの回のチケットを購入して
またあとで並ぶように言われました
2000円です
いろんなものが高いのに、、
なんでライブはこんな安いんでしょうかね
考えたらその分ミュージシャン生きて行くの大変ですよね
近所のビレッジバンガードもすごく並んでました
次の回までスタバで待機
Wi-Fiも電池なくなるので紙に
帰り方をメモです
やはり最後は紙と鉛筆ですね笑
スモールズに戻りました
 早めに並んでいい席につけました
最初に一気に注文受けて一気に出すのですね、
生ビールは気が抜けてました笑
しかしライブは凄すぎでした
全員全曲素晴らしすぎです
リーダーがトランペットmike rodoriguez
サックスがjhon ellis
ピアノはadam birnbaum
ベースはreuben rogersそして
ドラムが jonathan blake
最高すぎ
聴いてた場所もよかったのでしょう
ステージ右側横向きの壁側
間近で音浴びまくって
最初はジョナサンぐらいしか知らなくて
それほど
期待していなかったのですが
きっと一生忘れられない
感動ではいままでの人生一番でした
アンサンブルのすごさと
一人一人の力用のすごさ
ジョナサンのドラムが体に響いてきます
感じすぎて
もうやめてくれー体が持たない
と叫びそうでした笑
ピアノの birnbaumも
何食わぬ顔してとんでもないこと弾いてきますね
凄すぎました
 そして聞いたことのないスタンダード曲での
マイクの叙情的表現力のすざましさ
こんなトランペット聞いたことありません
この繊細さと表現力の幅広さ
柔らかさ暖かさ
すごいものを見ました 釘付けでした
 店のホームページの
アーカイブから動画見れると思いますが
やっぱりここまで感動できませんよね
liveをやるミュージシャンである自分自身が
こんなに生はちがうのかと、、、
あらためておもいます
本当にライブは生を聞きに行くのがオススメです
その次の回もすでに満席売り切れでしおた
そして今回のチケットで近所の姉妹店mezzo
でのライブも聴けてしまうという
すごいシステムですね
こちらも人でごった返していて
なんかジャズの文化発展させるのに貢献してる
すごいお店ですね
日本でもこういうコンセプトでやるのは難しいのですかね
一旦店に入ったのですが
ベーシストがやってきて準備をしていたのですが
あまりに眠たいのと
前のライブが素晴らしすぎでこの余韻のまま
帰りたいということで
帰ることにしました
トイレ(小)したくなるだろうけど
赤の1lineで4駅我慢できるだろうとのりましたが
ライブの感想に夢中になり
一駅飛ばし
我慢きついなかとも思いつつ
一駅もどり
降りてからはGPSを使って逆にまちがえ
7つ違うほうにいってしまいました
そこからは漏れそう漏れそうで大変でした
しかし帰国してから
残ってるのは
ライブの感動ばかりです
Posted in 日々の出来事、随想.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA