2019年NY旅行記6

5日目ともなれば流石に地下鉄に乗るのは慣れましたが
メトロカード?いつも改札うまく読み込まれず
この日もワンウェイチケット買い直したり
何度も非常口から出入りさせてもらったり
最終的にリフィルもできなくなってしまいました
んー 私なんか変な磁気発しているんですかね
普段も銀行の通帳とかカードとか
磁気異常で使えなくなるの一度や二度じゃありません、、
そうそう この日は 電車内に変な人がいて、
なんか嫌だなと降りると その人も降りてきて
念のためしばらく歩いた後曲がった途端に早歩きして見ました
その後はエスカレーターを駆け上がり
ま、こんだけ差をつけとけば大丈夫だろう と
外に出てたら
うわっ
なんとその人がいました!
クリビツー!!流石に逃げました
無事逃げてこの日もライブハウススモールズへ
18時40分の時点ですでに結構並んでいて
それでもラッキーなことに前回と同じ席に座れて
アルゼンチンのバンドです
ピアノがGUILLERMO KLEIN テナーがCHRIS CHEEK
キーボードがLEO GENOBESE バンドネオンがTIRMAN DEUS
べースがMATT PAVOLKA ドラムがRODRIGO RECABARREN
鍵盤楽器が3人も。。
そういえば
以前バンドネオンの修理見習いをちょっとだけやったことあります
いつかそんな記事も書けたらと思います
音の洪水、混沌としていましたが
楽しめました
その前にスモールズで聞いた
マイクのライブは
隙なく研ぎ澄まされ、
一人一人の技量も
全体のグルーブも 相互作用も
奇跡的に凄すぎたんですね
今回の旅では
マイクロドリゲス ジョーイカルデラッツオ
のライブが聞けて大満足
そして
次の日で帰国ですが
早朝 空港までタクシー呼んで使って見ました
車もいいし 目の前に来てくれて
ひとつも迷わず到着だし安いし快適すぎました
最初から使えばよかったですね
でもトラブルも というかトラブルこそ
旅の思い出になりますね
そう  来る時の機内では
結構酔っ払ってソフトドリンク頼もうと
メニュー見てミニッツメイドの
ブラッディーメアリージュース頼んだら
モノホンのアルコールの
スイカジュースとをウオッカが来てしまい笑
あ、旅先でちょうど飲みたい時によかったんですが
帰りの機内でも頼もうと
ウォッカくださいといったら
え?コーラ?と言われ
ノーノー!ウォッカといったら
おー、yesといわれ
コーラが出てくるし
英語の発音勉強しなきゃ
と思いましたよ
Posted in ABOUT ME, 日々の出来事、随想.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA