市川さんのところで学んだことその1

ということで初日
緊張したまま市川さん宅にお邪魔すると
なんといきなり夫婦喧嘩勃発
激しくてびっくり
今思えば普通の言い合いだったと思いますが
ただでさえ喋れない私は
余計緊張して喋れなくなってしまいました
そんな中
「何か弾いてごらん」と市川さん
枯葉かなにか弾いたら
「おお、よいフィーリングしてるね
でも 全然ピアノが弾けてないな~と
ハノンからやらなきゃ駄目だな」と
それからは 週に1.2回通わせていただきました
まずは駐車場、家の前と隣の家の前を掃き掃除
そしたらピンポン(昼の12時ごろ)ならして
こんどは家の中
キッチン、トイレ、階段、洗濯場など拭き掃除をして
終わったらピアノ室に行きハノンを最初から最後まで
次にツェルニー ソナチネ
で、その時ちょうど見ていただいてる箇所になったら
筋トレやリビングの掃き掃除していた市川さんが
2階にあがって来て下さりレッスン開始
ツェルニーソナチネが終わったら
質問があればジャズの曲を見てもらえるのですが
当時、、何を質問してよいかもわからない
そんな中でも何か弾くと
そう弾きたいんなら
こうだよっと
ばーーと弾いてくださり
びっくりして帰るという
そうそう、同じ曲でも
ウィントンケリーならピーターソンなら
マッコイタイナーなら、、みたいに
その場でそっくりモノマネも弾いてくださりつつ
覚えたフレーズのごちゃ混ぜでなく
一貫したスタイル、テイストで弾くこと大事だということ
実際見せてくださり
弾いているフレーズも今はトランペット
ここはストリングス、、のように、
イメージして歌うんだと、、
とにかく、
どう弾きたい?
というイメージ、意思が大事
ただ弾いているだけだったり
弾き方が淡白だと
聴いている人に全然届かないよと
ハービーハンコックみたいな
クラビネットのパラディドル奏法がやりたいんです と尋ねた時は
「そんなのはツェルニーやってればできるよ」と
その時は え?そんなわけないのでは?
と思いましたが
確かにその通り、いつの間にか自然にできるようになっていました
当時は
ライブ前や 仕事前に曲の準備をしたい時も
そんなことより基礎をやりなさいと、、
準備的ものをする暇もなく基礎基礎の繰り返し
結果付け焼き刃より基礎が大事だったと
身に沁みました
基礎がしっかりしてると
無意識で細かいところまで行き届くようになって
演奏が格段に変わるなと
スランプになった後や
基礎練長い期間出来なかった後など
本当にしみじみ思います
ピアノを弾く ということ
弾けている というのはどんな状態かということ
全くわかっていなかった私に
根気よく教えてくださいました
もう尊敬しすぎて
畏敬の念をいだている私は
固くなりドジばかり
挨拶からなにからなにも分からない私を
市川夫妻がたくさん叱ってくださいました
当時は怖かったですが
思い出したら涙が出るほど
本当に感謝してもしても仕切れません