ピアニストになるまで 音楽学校編1

ピアニストになるまで 音楽学校編1
高校生になってバンドをやるうちに
キーボディストとして生きていきたい
と思うようになり
親に、普通の大学でなく音楽の専門学校に行きたいというと
親は反対
子どもの頃から祖父、父は
皆に自慢できる有名大学に行けと言っていました
そういう考えが嫌で彼らが例に出していた
東大、早稲田、慶應には絶対行かないと決めていました
音楽の道に進みたい私を諦めさせようとしたんでしょう
知り合いで売れずに苦しんでいる方や
駄目になった人に会わされ
ほら、ああはなりたくないだろ
だからやめとけと言われました
そしたら私
毎日神様に祈るようになってました
どんなに貧乏で、苦しくて
一生売れなくても認められなくても構わないので
なんとかお願いだから音楽やらせてくださいと
そうそう、大学くらいまで
サンタクロースを信じるような感じで
神様というものを信じていました
子どもの頃から色々神様にお願いしてて
地震が怖くてしょうがなかった時は
”神様、どうしても地震を起こさなければならないなら
小分けにして僕が寝て気がつかないときに
ちょっとずつ揺らしてください”なんて祈って
そしたらしばらく地震がなくなって(気がつかなくなって?)
だんだん怖くなるという、、w
父に
なぜ音楽の学校はダメかときくと
駄目なものはダメ,専門学校は恥ずかしい
農学部でもなんでもいいから有名な大学に入れと
???なんて偏見、農学部が劣ると思ってるの?
なんで専門学校が恥ずかしいの?
あ、
音大ならギリギリ許すといわれましたが
ピアノにもほとんど触ったことなかったので
悔しく何度も泣きました
家出をしようとも思いましたが
悔しいけどいったん大学に入って
その間にバイトをして
音楽学校いけるお金を貯めようと決めました
大学に入ってお金貯めている間に
尚美の冬講習に行ったり
YAMAHA音楽院の夏期講習に行ったり
あ、この時は数日音楽漬け
周りが音楽やる仲間ばかりで
あまりに楽しすぎて幸せすぎて涙がでました
それとメーザーハウスの体験レッスンに行ったら
佐山雅弘さんがいて、その時のクラスの皆を自宅に招いてくれました
即興で演歌とかをアレンジして弾いてくださったりカッコよかったです
皆が音楽について熱く語っているのが刺激的でした
そしてそのまま朝まで飲むことに
女子とかは帰らない連絡を家に電話していましたが
お前は連絡しないでいいのか?と言われた時
それをするのがなぜか恥ずかしく
家に連絡しませんでした
そしたら無断外泊などしたことのない
私が帰ってこないので
散々心配した母は
次の日警察に捜索願いを出そうとしてたようです
しかし私ときたら次の日
今まで見たことない笑顔でニコニコして
帰ってきたそうです
そんなこんなで
深夜早朝バイトを頑張り
ちょうど一年分くらいの学費がたまった時点で
一度入学説明会に行ってみようと
尚美の入学説明会に行ってみました
すると相談員の方が
”そんな大変な思いして来ても
うちではあなたの思っているほどのものを得られないと思う”
と言われ、びっくりでした
で、
”うちの先生が個人でも教えてるから
せっかく入った学校辞めないで
大学に通いながらその人に習ったらどう?”
と提案してくださいました
それが
稲森康利さん
でした
帰ってよく考えると
そうだな、これからもう一年分学費貯めるより
早く始められるし良い案かもと考えた末
稲森さんに習うことにしました
月謝が2万で
貯めていた学費もだいぶ浮いたので
後にアップライトピアノも買えました
今思えば どうやってミュージシャンになるかは
無限の方法があると思えますが
当時の私は まず日本で専門学校→そしたらバークリーいけて
→そしたらバンド作れてなんとかなる
あ、
そうしないとなんとかならない
みたいに考えていました
何かになるために
こういう道を通らないと
と決め付け
そうするための努力をする
という考えしか思い浮かんでいませんでした
そもそも”何かになる”という考より
もう求めている”何か”そのものを
ただやる
ということに集中する方が大事だよと
決め付けてしまうよりいろんな道が見えてくるよ
できるなら
当時の自分にアドバイスしたいですが、、
ま、決め付けてこだわるのも
若さならではの
楽しさ
かもですね