青学ジャズ研その2

今のジャズ研は 我々の頃に比べたら
  本当に立派で
  スタジオのようなとこが部室のようですが
  当時はタバコと埃だらけの狭い部室でした

  21時頃まで毎日のように皆でセッションをします
  現役生は少なくて、他大学、OB、隣の部の人
  などでなんとか成り立っていました

  終わると皆で飲みに行きますが
  最初はプロになりたくて
  学校の勉強もないがしろにしたくなくて
  分単位でスケジュールを作って実行していた私には
  飲み会が時間とお金の無駄にしか思えませんでした

  そんな私も
  3年生なると部長に
 (同学年が私一人しかいなくて自動的に部長にw)
  その頃になると率先して飲みに行くようになっていました

  飲み代は ケン&スタッフという日払い派遣バイト
  で稼いでいました
  会場整理やイベント会場設営のバイトですね

  アイドルなどの会場整理だと
  荒れるお客さんの整理が大変だったり
  深夜の大掛かりな設営が危険だったりしましたが

  当時ジャズフェスや、ジャズコンサートがたくさんあったので
  お客さんは行儀良いし、客数が少ない時は
  お客さんになるっていうバイトまでありました
  なるべく聞きたいものを選んでやっていました
  マーカスミラーやデビットサンボーンなんかも
  目の前でみれてラッキーでした

         そうそうジャズ研でのセッションですが

  ブルースなど
  前回書いた本のフレーズを覚えて演奏するという手法は
  だんだん同じフレーズを何度も弾くのが恥ずかしくなってくるし
  一番ダメなのは良いノリ、良い間を出せない点ですよね

  なので レコードからコピーして
  それらしく演奏する
  ということを始めました

  その時コピーしたのは
  佐山雅弘、レイブライアント、トミーフラナガン
  あたりでした

  本当はチックコリアやハービーハンコックのように
  弾けるようになりたかったのですが、当時は
  どうコピーしてどう応用して良いのかわかりませんでした

  あと部室に置いてあった
  小谷教夫さんの
  ジャズピアノアドリブマスター
  これが役に立って
  体系的にどうやって身につけていくのかを知りました