初めてピアノ買うまで

初めてピアノ買うまで
 
稲森さんに習い始めた頃
まだ家にピアノがなくて
近所のピアノがある家に頼んで
ピアノを弾かせてもらっていました
毎朝2時間くらいかな
ハノンとバッハの小品集と
ポピュラーピアノ
迷惑だったろうな
もう引っ越されてしまいましたが
よく弾かせてくれたものですよね
感謝です
 
で3ヶ月から半年くらい経った頃だったと思います
そこに来ていた調律師さんに
選んでいただいて
30万くらいの中古アップライトを購入
(音楽学校行こうと貯めていたお金があったので)
とても良い調律師さんだったのだけど
その後別で紹介していただいた調律師さんを
断れなくて、しぶしぶ不義理を働いてしまいました
 
その頃は断るということが
なかなか難しい自分でした
 
家にピアノが来てからですが
その頃の自分は
好きなことをやる、楽しむ=不謹慎
と何故か思っていて
音楽は苦しいもの、辛い修行だから
練習している音が隣の人の家に聞こえた時
好きな曲、楽しい曲やっている思われたら恥ずかしい
頑張っています練習しています
みたいなのをやらないとなんて思ってました
 
 
その後いろんな本を読んで
そういう観念が和らいでいくんですけどね